半導体製造装置|事業領域|アルバック
真空機器事業​

半導体製造装置

アルバックでは、半導体市場の旺盛な投資潮流に継続して乗り続け、​半導体製造装置事業をアルバックの柱に成長させながら、真のグローバル展開を果たしていく方針です。​

スマート社会に向けて成長し続ける半導体装置市場でシェアアップへ

IoT(Internet of Things)を支えるビッグデータ処理に対応した機器、サーバー、エッジコンピュータの拡大による半導体デバイスの進化にはめざましいものがあります。従来からのDRAM・NANDだけでなく、不揮発性メモリで構成するストレージクラスメモリも成長する機会が増えてきます。微細化によるプロセッサ技術の革新も進んでいきます。
こうした様々な半導体の技術革新に対して、アルバックは従来のNAND、DRAMメモリに加えて新しいPCRAMとLogic/Foundryの両輪での成長を目指します。

アルバックならではの事業成長戦略に基づき、大手の競合ソリューションメーカーとは異なる事業展開を図ります。
中期戦略商品として、独自技術の自然酸化膜除去装置と得意分野であるスパッタリング成膜装置の強みを生かした新技術の開発を進め、最先端デバイスへの対応を進めていきます。

主要製品

このサイトでは、お客様の利便性や利用状況の把握などのためにCookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。ウェブサイトでの個人情報の取り扱いご利用規約をご覧ください。

[ 閉じる ]