労働安全衛生|サステナビリティ|アルバック

労働安全衛生

「安全第一」を企業経営の基本理念とし、お客様に利用して頂く様々な製品やサービスの安全と、私たち自身が明るく元気に働くことのできる活気ある職場づくりを、リスクアセスメントを中心とした安全管理システム(OSHMS)の運用によって目指していきます。

労働安全衛生に関する考え方

開発・製造・輸送・据付・メンテナンスをはじめとする各種の業務遂行にあたり、経営層から現場担当者まであらゆる人が安全を最優先して積極的かつ継続的な改善につとめ、関わるすべての人々の安全と健康的な労働環境の維持向上に努めます。

ULVAC安全管理システム(OSHMS)安全衛生基本方針

1. 法令・規定の遵守、リスクアセスメントの実施

労働安全衛生関係法令、及びアルバック安全管理システム(OSHMS)に基づく労働安全衛生関係規程を遵守し、リスクアセスメントを実施することにより、全従業員の協力の下に安全衛生活動を実施します。

2. アルバック製品の安全確保

アルバック安全設計基準を遵守し、製品のリスクアセスメントを実施することにより、安全なアルバック製品・サービスをユーザーに提供します。

3. 労働安全衛生・製品安全に関する計画的な教育

全従業員、協力会社員に対しアルバック安全管理システム(OSHMS)に基づいた労働安全衛生教育を計画的に実施し、またアルバック製品のユーザーに対し製品安全教育を計画的に実施します。

4. メンタルヘルスケアの推進

メンタルヘルスケアを推進し、健康で活気のある職場を作ります。

5. アルバックグループのグローバル展開

グローバル安全管理委員会による安全衛生推進活動を通じて、アルバックグループ全体の快適な作業環境の形成を図り、事業の繁栄に貢献します。

無災害記録第五種を目指して

お客様と従業員の安全と健康の実現のために、グローバル安全管理委員会を定期的に開催し、グループ全社が一体となって安全衛生活動を推進しています。

また、各社においてはOSHMSを運用し、社長等によるマネジメントレビュー、従業員一人一人によるリスクアセスメント等を通じ、全社員が安全衛生活動に取り組んでいます。茅ヶ崎工場では2019年に、最上位となる厚生労働省第五種無災害記録(1,570万時間)を達成しました。

今後もグループ全社にて安全第一を掲げ、無災害記録の継続に邁進していきます。

※このグラフは、各年度における労働災害発生件数の割合を、2014年度(15年6月時点)を1.00として表したものです。
2018年度も少ない件数を維持し、休業災害は最少となりました。

安全衛生活動紹介

近年、化学物質の危険有害性が注目されており、活発に法改正が行われています。アルバックでは、従業員に対してリスクアセスメントのポイントや行政への申請等、化学物質に関する特別教育を行い、労働災害や法令違反を未然に防止しています。

化学物質に関する特別教育の様子

健康管理

アルバックは、従業員が健康であることは活き活き働くための前提であると考えています。健康管理最高責任者(CHO)構想のもと社内にCHOを選任し、従業員の健康づくりにも取り組んでいます。2016年度からはアルバック健康保険組合と協同でウェアラブルデバイスを活用したウォーキングイベントを推進しています。現在、アルバックの従業員の半数にあたる約650人がウォーキングを通じて自身の健康づくりに取り組んでいます。その他、メンタルヘルス教育や健康診断の結果にもとづいた面談など、産業医・保健師により幅広い健康管理業務が行われています。

メンタルヘルス

アルバックでは、メンタルヘルス活動の一環で、個人と組織の活性化を進めています。健康診断の問診項目に含まれている精神面と社会面の調査結果を組織単位で集計し、組織の健康度として活用しています。健康推進室が希望部署を対象に集計結果をフィードバックし、その結果をもとに各部・各課の管理職は戦略的に職場の活性化に取り組んでいます。取り組みの結果、2014年度に比べて2015年度は組織の健康度が高まっています。

このサイトでは、お客様の利便性や利用状況の把握などのためにCookieを使用してアクセスデータを取得・利用しています。Cookieの使用に同意する場合は、
「同意しました」をクリックしてください。「個人情報保護方針」「Cookie Policy」をご確認ください。

同意しました