事業領域|アルバック

事業領域

アルバックは、お客さまや市場のニーズに応え、幅広い業界に対して多くの製品・技術を提供してきました。
現在は、6つの領域で事業を展開しています。

事業別売上高及びその割合(2019年度)

  • FPD及びPV製造装置
    621億円 34%

    様々なFPD及びPV製造技術にかかわっており、製造装置の開発はもちろんのこと、材料の開発をすることでソリューションをグローバルに提供しています。

  • 半導体及び電子部品製造装置
    451億円 24%

    次世代半導体や高機能デバイスは、さらなる高集積化と高性能化、低コスト化が求められています。そのような半導体や電子部品の超微細化技術を開発し、社会の進化を支えるべく新たな技術・製品を次々と世に送り出しています。

  • コンポーネント
    291億円 16%

    真空総合メーカーとして、コンポーネント開発にも力を注いでいます。
    真空ポンプや計測・分析機器から各種成膜装置用電源、真空バルブなどの構成部品まで多種多様なラインアップを取り揃えるとともに、最先端の真空技術を追求しています。

  • 一般産業用装置
    184億円 10%

    真空技術がまだ黎明期だった1950年代から取り組んできた伝統ある事業分野です。現在は、これまで培った基盤技術を駆使して、自動車、医薬品、食品など幅広い産業・分野に多彩なソリューションを提供しています。

  • 材料
    135億円 7%

    スパッタリングターゲットなど様々な産業分野向けに電子材料を提供しています。また、高機能材料分野では、チタン、タンタル、ジルコニウム、ニオブなどの一貫製造及び精密加工技術を提供しています。

  • その他
    171億円 9%

    真空を応用した製造装置から派生する関連技術を活かし様々な産業分野に技術を提供しています。

このサイトでは、お客様の利便性や利用状況の把握などのためにCookieを使用してアクセスデータを取得・利用しています。Cookieの使用に同意する場合は、
「同意しました」をクリックしてください。「個人情報保護方針」「Cookie Policy」をご確認ください。

同意しました