アルバックの研究開発|研究・開発|アルバック

アルバックの研究開発

中長期的な視点で
持続的に価値を創造

アルバックはあらゆる産業分野に必要不可欠な真空技術を核とした製品や材料を提供してきました。これからも顕在・潜在ニーズに応え得る革新的・先進的な技術開発を推進し、「付加価値」の高い製品や技術を創出することで、社会の発展に貢献していきます。

常に変化する市場に独創的な技術や商品を継続して提供 するため、お客様のニーズや市場動向を分析し、「既存製品の改良改善のための開発」と「将来の準備のための要素技術開発」を明確に区分して選択と集中を図ります。さらに、多様な企業や研究所などとのビジネスパートナーシップ等も通じて、開発体制を構築します。
また、グローバルなネットワークインフラ基盤やスマート社会の構築に伴う5GやIoTの進化、地球温暖化や気候変動などの社会課題にいち早く対応するため、先進的技術の獲得を目指し、長期にわたって持続的に成長する基盤形成に努めています。

主なテーマ

次世代不揮発メモリ 高密度実装 
電子部品/MEMS/センサ 極微細配線 
次世代ディスプレイ パワーデバイス
次世代バッテリー 高効率太陽電池 
高機能フィルム 環境 新エネルギー 
医療

グローバルネットワーク

世界の産業発展を支える
ソリューションネットワーク

日本国内はもとより、アジア・欧米を中心に、最適な開発・販売・製造・サービスのネットワークを構築しています。

"Open R&D"

顧客企業の近傍で研究開発を行いグループ全体で共有しています。

グローバル生産体制

日本、中国、韓国、台湾を主とした生産体制を拡大し、各拠点でそれぞれサプライチェーンを構築しています。

地域サプライチェーン

設備投資及び
研究開発費の推移・予想

研究開発投資(研究開発用設備投資+研究開発費)は継続的に増加、次世代ディスプレイやロジック・次世代不揮発メモリなどへの取り込みに加え、将来的な成長につながる開発も積極化していきます。

このサイトでは、お客様の利便性や利用状況の把握などのためにCookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。ウェブサイトでの個人情報の取り扱いご利用規約をご覧ください。

[ 閉じる ]