トップメッセージ

イノベーションの創出で産業と科学の発展に貢献し、
豊かな未来を創造する

代表取締役執行役員社長 岩下 節生

代表取締役執行役員社長  岩下 節生

 2017年7月に代表取締役執行役員社長に就任いたしました岩下節生でございます。日頃からのご支援ご厚情に心より御礼申し上げます。

 1952年の創業時のアルバックは、「真空技術で産業と科学の発展に貢献しよう」と若い技術者が6人の財界エンジェルの支援を受けて生まれたベンチャー企業でした。
 創立以来、ベンチャースピリットを大切に、液晶フラットパネルディスプレイや半導体・電子部品向けに加え、自動車・食品・医薬品など一般産業機器向けなど、幅広い業界のお取引先メーカーとともに、真空技術を活用した最先端のイノベーションの創出に挑戦し、新たな価値の創造に取り組んでまいりました。

 足下では、スマートフォン向けの有機ELパネルや大型テレビ向け液晶パネルの製造装置の投資が活発化しております。
 また、様々なものがインターネットでつながるIoT(Internet of Things)や自動車の自動運転化、大容量データ処理などに必要なメモリや各種センサー、通信デバイス、パワーデバイス、電池などの高機能化・高効率化・小型化・省エネ化・耐熱化等のニーズも高まってきております。
 このような変化の激しい技術革新が進む時代にこそ、私どもアルバックの真空技術を活用したビジネスチャンスは拡大します。
既に東アジアを中心に海外売上比率が6割となっていますが、今後は欧米や東南アジアに加え、新興国市場など、グローバル化を更に進めていきたいと考えております。

 アルバックグループは、真空装置、コンポーネント、材料、分析機器、カスタマーソリューションなど多様な真空技術を総合的に幅広い業界向けに提供するユニークな企業グループです。
 こうした変革の時代をチャンスととらえ、スピード感をもって様々な分野のニーズにグループ総合力とイノベーションでお応えし、産業と科学の発展に貢献することにより豊かな未来を創造していきたいと考えております。

 皆さまには、引き続きご支援いただけますようお願い申し上げます。