電子部品製造向け枚葉式複合モジュール型成膜加工装置「Geminiシリーズ」を販売開始~同一搬送コアに様々なモジュールを搭載可能~|ニュース|アルバック
  • トップ
  • ニュース
  • 電子部品製造向け枚葉式複合モジュール型成膜加工装置「Geminiシリーズ」を販売開始~同一搬送コアに様々なモジュールを搭載可能~
2021.01.29
リリース

電子部品製造向け枚葉式複合モジュール型成膜加工装置「Geminiシリーズ」を販売開始~同一搬送コアに様々なモジュールを搭載可能~

株式会社アルバック(本社 神奈川県茅ヶ崎市、代表取締役社長 岩下節生、以下アルバック)は、スパッタリング、エッチング等複数の異なるプロセスモジュールを同一搬送コアに搭載できる枚葉式複合モジュール型成膜加工装置「Geminiシリーズ」の販売を開始いたします。

電子部品の製造工程においては、成膜や微細加工など様々なプロセスを組み合わせてデバイスの製造が行なわれており、成膜等のプロセス毎に独立した専用の装置が使われるのが一般的です。
この度発売開始の「Geminiシリーズ」は、複数の異なるプロセスモジュールを同一搬送コアに搭載し、可能な限り構成部品の共通化を行いスペア部品の低減や同一操作画面による使い勝手向上など、電子部品の製造工程において更なる効率化を実現いたします。

Geminiシリーズ」の概要

[特長]

・スパッタリング、エッチング、アッシング&CVD複数プロセス室組合せ可能
・全プロセス室ULVAC製
・Φ300㎜基板まで対応可能

[アプリケーション例]

・パワーデバイス  シード&メタル層形成
・MEMSセンサー  PZT成膜&加工
・光学デバイス   VCSEL加工
・高密度実装    Descum
・通信デバイス   絶縁膜成膜&加工


[対応基板サイズ]

Gemini-200シリーズ Φ最大200mm
Gemini-300シリーズ Φ最大300mm

[搬送コア]

4角形  プロセスモジュール最大2室
6角形  プロセスモジュール最大4室
7角形  プロセスモジュール最大5室

*上記コア形はΦ200mmが前提なのでΦ300㎜は別途ご連絡下さい。

[搭載可能プロセスモジュール]
 
スパッタリング、エッチング、アッシング、PE-CVD等
*各モジュールは、全てアルバック製

装置写真

gemini_200.png

電子部品製造向け枚葉式複合モジュール型成膜加工装置「Gemini-200」

装置構成例

さまざまなモジュールが搭載可能(以下一例)

gemini_core.PNG

お問い合せ

 株式会社アルバック elec_info
 電子機器事業部 TEL:0467-89-2139
 [国内営業]
 アルバック販売株式会社
 本社(東京)TEL: 03-5769-5511(代) FAX:03-5769-5522
 大阪支店  TEL: 06-6397-2281(代) FAX:06-6397-1171

このサイトでは、お客様の利便性や利用状況の把握などのためにCookieを使用してアクセスデータを取得・利用しています。Cookieの使用に同意する場合は、
「同意しました」をクリックしてください。「個人情報保護方針」「Cookie Policy」をご確認ください。

同意しました