微噴凍結乾燥TM 装置/マイクロパウダードライTMシステム|凍結真空乾燥装置|製品紹介|アルバック
凍結真空乾燥装置

微噴凍結乾燥TM 装置/マイクロパウダードライTMシステム

真空中に直接液体を噴射し、水分の蒸発による自己凍結で凍結粒子を生成し、凍結乾燥する技術であり、液体から直接凍結乾燥粉体を得ることができる画期的な技術で、これまでに無い粉体製造技術です。 無菌製剤量産用として、粉体充填から巻締めまでを一貫ラインとして構築したシステムも開発しました。

特長

  • 自己凍結による超急速凍結プロセス
  • 空中で凍結するため球状の粉体
  • 液滴から凍結のため、濃度勾配の無い均質な粉体
  • 蒸発面積が広く乾燥速度が速い
  • 粒単位の凍結乾燥体
  • シャープな粒度分布
  • 粉砕・分級等の粉体製造プロセスが削減可能

用途

  • 医薬品
  • 健康食品原料
  • 食品原料
  • 化粧品原料
  • 電子材料

仕様

μPD400 LyoMoment
粒子径 100μ 〜 400μ 50μm 〜 100μm
処理水分量 5L 100ml
棚温度制御範囲 -40ºC 〜 60ºC -15ºC 〜 30ºC
真空調節範囲 5Pa 〜 30Pa N/A
コールドトラップ温度 -60ºC -60ºC
概略寸法 1500W×1700L×3300H 620W×800L×1300H

マイクロパウダードライシステムで乾燥した粉体の粒度分布(100µmノズル)

mp01.jpg

マイクロパウダードライシステムで乾燥した粉体の粒度分布(200µmノズル)

mp02.jpg

SEM画像

サンプル  :マンニトール水溶液
ノズルサイズ:400µm

mp03.jpg

マイクロパウダードライシステムで乾燥した粉体の再溶解性

サンプル  :アルブミン
ノズルサイズ:100µm

粒度分布
mp04.jpg

再溶解性

mp05.jpg

マイクロパウダードライシステムで乾燥したアルブミンは通常の凍結乾燥で乾燥したアルブミンと比較すると、3倍の再溶解性を示しています。

マイクロパウダードライシステムで乾燥した粉体の活性

サンプル  :酵素
 Collagenase type 4 0.18wt%
 (CLS4, Worthington)
 Phosphate buffer 0.14wt%
 Mannitol 1.82wt%

ノズルサイズ:100µm

乾燥時間  :23時間

mp6_2.jpg

SEM画像

mp08.jpg

装置概略図

 µPD400 - 研究から生産向けで、柔軟に対応可能な大きさです。

mp09.jpg

 

LyoMoment - 卓上型マイクロパウダードライシステムです。教育機関や一般企業向けで、基礎研究を目的に開発されました。

mp10.jpg

このサイトでは、お客様の利便性や利用状況の把握などのためにCookieを使用してアクセスデータを取得・利用しています。Cookieの使用に同意する場合は、
「同意しました」をクリックしてください。「個人情報保護方針」「Cookie Policy」をご確認ください。

同意しました