リークディテクタ新製品『HELIOT 900シリーズ』を販売開始
-排気能力と利便性が大幅に向上し検査時間短縮-

2014年6月18日 株式会社アルバック

 株式会社アルバック(本社 神奈川県茅ヶ崎市、代表取締役執行役員社長 小日向久治、以下アルバック)はこのほど、リークディテクタ「HELIOT(ヘリオット) 900シリーズ」を2014年6月19日より販売開始しますので発表いたします。

【経緯】

 リークディテクタは、ヘリウムガスを使用した漏れ検査(以下ヘリウムリークテスト)において、漏れ量や漏れ箇所の特定を行うための検査装置です。ヘリウムリークテストは、漏れ検査方法の中でも感度的に最も優れ、かつ微小な漏れに対しても短時間で精度良く検査ができるため、各種配管構造の部品全般、電子デバイス、空調・冷凍機、自動車関連などの生産ラインをはじめ、食品・薬品包装、医療機器といった漏れ検査の必要とされるあらゆる分野で使用されております。
 当社では1960年代よりリークディテクタを販売しており、1995年よりモデル名を「HELIOTシリーズ」として販売をしております。この度、主力「HELIOT 710シリーズ」の全面更新を行い、新たに「HELIOT 900シリーズ」を販売開始いたします。

【概要】

HELIOT 900シリーズのラインアップは以下の4機種です。

[ポータブル/901:卓上または床等、定位置での使用に適したタイプ]

HELIOT 901W1 油回転真空ポンプ30L/min搭載
HELIOT 901D2 スクロールドライポンプ90L/min搭載

[モバイル/904:大型試験体に対応し、移動し易いカートに搭載したタイプ]

HELIOT 904W2 油回転真空ポンプ135L/min搭載スクロールドライポンプ250L/min搭載
HELIOT 904D3 スクロールドライポンプ250L/min搭載

【特長】

新製品の特長は以下の通りです。

1. ヘリウム排気速度5L/sec(同クラス他社モデルに対し2〜3倍のスペック)を達成
時間短縮、応答性向上、安定性向上、検出感度向上など、昨今厳しさを増すヘリウムリークテストの要求にお応えするために、検出部の高感度化と合わせてヘリウム排気能力を大幅に強化しました。
2. タブレット型コントローラの標準採用
本体固定表示器による制約がなくなり、利便性が大きく向上します。画面サイズ7インチの静電容量式タッチパネルによってオペレータは手元で、より直感的に軽快な操作が可能となりました。また、コントローラには本体との無線リモート機能を標準搭載しており、無線リモコンとして使用する事ができます。
3. 高機能モバイルカート
狭い通路を安全に移動する事ができるようにコンパクトな筺体サイズ、大型車輪、凹凸のないパネルカバー、移動・固定の操作性など、現場の声を数多く取り入れました。
4. ユーザーメンテナンスの作業性向上

保守パネルは工具不要で外せる構造で、内部構造も作業し易く設計されています。
保守作業解説の動画をコントローラに表示させながら作業する事ができます。
5. 従来機種との互換性を持たせており、スムーズな置き換えが可能です。

【製品写真】

HELIOT900HELIOT 901W1, 901D2 HELIOT904HELIOT 904W2, 904D3

【販売目標および販売価格】

 販売目標 年間800台
 販売価格 240万円 〜 355万円

お問い合せ

株式会社アルバック   web_info

<販売に関するお客様からのお問合せ先>
アルバック販売株式会社  compo info
東日本 TEL:03-5218-6011 / FAX:03-5218-6030
西日本 TEL:06-6397-2281 / FAX:03-6397-1171