太陽光発電設備と電気自動車向け急速充電器を組み合わせた充電システムを製品化
茅ヶ崎市市営駐車場用の発電・充電システムとして初受注

2010年1月6日 株式会社アルバック

 株式会社アルバックは、太陽電池パネルによる発電設備と電気自動車用急速充電器を組み合わせたシステムを開発、製品化、この度、茅ヶ崎市から受注いたしましたので、発表いたします。

 アルバックが開発、製品化したのは、太陽光発電設備、電気自動車向け急速充電器(通常充電器含む)とこれらを組み合わせた電気自動車向け太陽光発電・急速充電システムです。
 太陽光発電設備は、太陽光発電と商用電源設備などの連携による多目的発電システムに対応したもので、太陽電池パネル、パワーコンディショナ、電源設備、発電量管理モニタなどで構成されます。
 また電気自動車向け急速充電器は、今後急速に普及が見込まれる電気自動車に対応した急速電気充電スタンドとして使用されるもので、通常充電器だと8〜14時間掛かる電気自動車の充電が約25分で80%のチャージが可能です。

 アルバックは、カスタマーズサポート事業部の新事業の一環として、子会社の日本リライアンス(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長 石崎淳一)と共同でこれらシステムの開発、製品化を進めてきました。アルバックは、世界的な太陽電池製造装置メーカーです。また日本リライアンスは世界的な電気的可変駆動制御装置メーカーです。このため、日本リライアンスは、太陽光発電設備の核となるパワーコンディショナ(DC-AC電力変換機)製造技術とEV急速充電器に必要となる電気設計技術を有しています。特に、今回、日本リライアンスが開発、製造した電気自動車用急速充電器は世界で圧倒的なシェアを持つアルバックのスパッタリング装置用電源として開発された技術を応用しています。またこの電気自動車用急速充電器は東京電力殿の規格に準拠しております。

 アルバックが開発、製品化した太陽光発電・急速充電システムは、夜間および日照の少ない日は電力会社の一般電源を使用できる他、太陽電池で発電した電力は電気自動車へ充電しない時には系統連携によって電力会社へ買い取ってもらうこともでき、電力の有効活用が可能となります。

 この度、アルバックが茅ヶ崎市から受注した太陽光発電設備・急速充電器システムは、市営駐車場用の屋上に設置する太陽電池(当初発電量20kW)、パワーコンディショナ、急速充電器(50kW)、通常充電器、発電量管理モニタなどで構成されます。また同システムは、太陽電池で発電した電力と充電の状況を電波通信によって茅ヶ崎市役所内に設置したディスプレイで市民の皆様が確認することができます。なお同システムは、2010年3月までに茅ヶ崎市茅ヶ崎2丁目の市営駐車場に設置されます。

 さらにアルバックは、茅ヶ崎市市営駐車場に設置した太陽光発電・電気自動車用急速充電器を組み合わせたシステムとほぼ同じシステムを、アルバック茅ヶ崎本社工場前駐車場にデモンストレーション用として設置しました。同システムには、薄膜系太陽電池などの太陽電池発電設備と急速充電器で構成されます。
 今後、アルバックは、同デモンストレーションシステムを利用して、太陽光発電設備および電気自動車用急速充電器の高効率化に向けた研究・開発を進めていきます。

 太陽光発電設備と電気自動車用急速充電器を組み合わせたシステム、太陽光発電設備、電気自動車用急速充電器、管理用モニタなどを合わせたアルバックの初年度受注目標額は、10億円です。アルバックは、海外に関連会社、主要拠点37社を有しており、このネットワークを活用し、国内のみならず、海外においても受注活動を積極化していきます。

 なお、2010年1月20日(水)〜22日(金)に開催される「第1回EV・HEV駆動システム技術展」(東京・有明 東京ビッグサイト)のアルバックブース(西8-44)において電気自動車用急速充電器の出展と発電設備と組み合わせたシステムの紹介を行います。

20100106

お問い合せ

株式会社アルバック  web_info